保守メンテナンスについてのご質問

コピー機(株)アライズ
お問い合わせはこちら
098-943-8352コピー機(株)アライズ

当サイトに寄せられるよくある質問をまとめました。

よくある質問

Q.リースのメリットを簡潔に教えて?

A

リースのメリットは多岐にわたり、詳細なメリットは各リース会社のHPをご覧ください。


また、ここからはユーザー様目線でのメリットとデメリットのご説明となり多少主観的な意見が入る事を承知上ご参考程度にして頂ければ幸いです。


リース契約は毎月定額でリース会社に物件代金を賃借料として支払い、所有権がリース会社に帰属する契約です。買取での契約は、現金にて一括購入致し、当然所有権はお申込者様に帰属致します。


いずれの契約形態もメーカーの保守契約は別途の契約(通常はカウンター保守契約)が必要となり、物件の購入方法により保守契約が安くなる、高くなるの差はございません。


メリット
①毎月定額で利用できる 
②会計上300万以下なら賃貸借にて処理が出来る為全額経費計上出来る(資産計上しないので固定資産税も掛からない) 
③動産保険が付く(落雷・水没・災害等の保険) 


デメリット
①金利が掛かる 
②中途解約が出来ない 
③借入れと比較しても若干割高である 


例えば50万の物件を5年リースした月額9400円~のリース料金となります。
9400円×60カ月で564,000円となり現金価格と比較すると64,000円を
金利や固定資産税・保険費用を含んだ計算になります。


ただ、この費用が安いか高いは会社様次第となります。
毎月定額う事が可能で動産保険が付き固定資産も含まれ会計処理も簡単な事から当社のお客様は90%以上はリースでの契約となります。
また多額のキャッシュアウトを必要としなくて済むという心理的な余裕も生まれるようです。


Q.再リースって何?

A

再リースとはリース終了後にリースを継続する場合の契約方法です。


リース会社によっても多少の差はございますが年額の契約にて更新いたします。
通常は月額の2回分で1年間利用が可能なケースが多いです。


例えば月額1万の6年リース料金で利用している場合に7年以降も継続して利用する場合の算出方法は下記となります。


月額10,000円×2カ月分=20,000/年額
こちらは年額一回でのお支払いですが、これを月額に直すと1,666円(20,000÷12カ月)となります。


リース終了後もまだまだ物件が使える場合には再リースという手段もございますので考慮頂きご検討頂ければとおもいます。


また、一部の販売店では再リースという継続利用が出来るにも関わらず、あたかも
「リース終了前に切り替えましょう」
と促してくる場合がございますが上記を把握していれば落ち着いて検討して頂けると存じます。


Q.リース終了後に自己所有物件にする事はできる?

A

リース終了後に自己所有物件にする事は出来ません。


ただ、クレジット契約であれば割賦販売となりますので、総額支払い完了後は自己所有となります。ただ、クレジット会社により動産保険がついて無かったり、リース金利と比べ若干割高となってしまいます。


会計の処理方法については顧問の税理士・会計士とご相談の上お決めください。


クレジットのメリット
①自己所有物件にできる
②再リースが無い


デメリット
①金利が多少割高になる
②動産保険が無い場合がある。
リース契約・クレジット契約ともにカウンター単価への影響はございません。


Q.リース期間は決められるの?

A

リース期間は対象物件の法定耐用年数にもよって関わりますが、複合機やコピー機の場合、3年以上7年未満となります。また以前は5年リースが主流でしたが、機械の耐用年数が上がっている上、月額がなるべく抑えられる6年リースが増えております。


契約期間が短いとリスクを負う期間は短くなりますが、以下のデメリットがございます。


短いデメリット
①月額が高くなる
②再リースの払う回数が増える
(同じ6年間利用するとして、3年リースの場合は3回も余計に再リースを払わなければなりません) 


また当社の場合月額リース料金も相当安く導入出来るので6年リースであってもリスクは極力抑えられる仕組みとなっております。


Q.リースの可決率を教えて。

A

リースやクレジットという信販会社を介する契約には必ず審査というものが必要となります。リースそれは私たちビーコネクトが審査するのではなく、各リース会社が独自の情報と基準で評価し致します。


当社の広告はネットという媒体の為、新規開業や法人登記直後のお客様も多くございます。可決率は状況によって様々ですが、ざっくり以下の割合となります。 


リースの可決率【個人事業主の場合】
・開業直後:50%~60%程度
・開業3年経過:65%~75%
・登記後5年以上:75%以上


リースの可決率【法人の場合】
・法人登記直後:65%~75%
・登記後3年経過:70%~80%
・登記後5年以上:80%以上


Q.他の販売店やリース会社で断られたんだけど・・

A

過去に否決が出たお客様でも是非お問合わせください。


必ずとは言い切れませんが、策や知恵はいくらでもお貸し致します。
当社はネット媒体でやっておりますので、様々なお客様がございます。また様々なリース会社とお取り引きをしております。


開業に強い・法人情報や業種を重要視する・個人情報は甘めにみる・法人審査しかしないetc・・各信販会社によって審査基準は様々です。


過去には新規開業で借入れや遅れのあるおお客様でも通るケースはいくらでもございました。その際我々が審査すると勘違いして、支払の遅れや心当たりを隠すお客様がおりますが、その場合は過去と同じ様に否決が出てしまいます。


提携信販が多く、特徴を把握している我々だからこそ出来る事がございます。リースやクレジットの審査に落ちたり、通らなかったりしたお客様は過去に通らなかった旨をお伝え頂き、我々を味方と信じてご相談頂ければと思います。


Q.リースやクレジットの審査基準を教えて

A

リース会社クレジット会社とも審査基準はまちまちですが一般的な流れは以下です。

最初に法人の登記の有無を確認致します(屋号の場合は開業届や青色申告書の提出等を求められるケースがごあいます)次に会社情報を調べます。会社情報は帝国データバンクや東京商工リサーチのいずれかが一般的となります。


そこで情報が出ない場合はCIIC等の情報センターや各士業の有資格情報と対象会社のホームページやストリートビューなどあらゆる角度から事業実態の確認をします。

そこでクリアしたものがCICやテラネット等の個人情報を確認して基準を満たしている案件に可決が伝えられます。


また上記の流れは信販会社に聞いたものではなく販売店という立場がら、経験上の把握となります。また、否決理由や可決理由が信販会社から販売店に言い渡される事はございませんが状況をヒアリング出来ればある程度の予測は可能となります。


Q.法人なんだけど代表者の連帯保証は必要なの?

A

通常の中小企業様の場合は「申し込み:法人」「連帯保証:代表者」というお申込みでのお受付が通常です。ただ、業歴や企業規模、企業安定の観点から法人申し込みのみで可決する場合もございます。


また、逆に信販会社の判断によっては資産を保有している第二連帯保証人の追加を求められる場合がございます。審査したら契約しないといけない訳ではございません。


導入を検討のお客様は審査可決後に導入の決定をして頂いた方がスムーズとなります。


Q.現在リースの途中なんだけど・・?

A

既契約のリース残金により、多少値段が前後致しますので、その都度お見積もり致します。


スタッフ

コピー機(株)アライズへのお問い合わせ

コピー機の導入にあたり、機械や料金、アフターフォローなど色々と不安な点やご不明な点などあるかと思います。些細な点でもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

メールでのお問い合わせ

24時間受付中です。いつでもお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせ下さい。

TEL.098-943-8352

PAGE TOP